メインメニュー
お電話はこちら
お問い合わせフォーム

介護職員初任者研修とは?

介護職員初任者研修とは?なぜ初任者研修の資格が必要?

これまでは、ホームヘルパー(1~3級)や介護職員基礎研修など、様々な介護に関する資格がありましたが国家資格である介護福祉士を目指すためには、条件や種類があり過ぎてわかりにくい状態でした。
そのためホームヘルパーなどの資格は2012年度をもって廃止となり、2013年から介護職員初任者研修という厚生労働省が認める資格が新しく出来たことでキャリアアップの道が一本化され、より介護福祉士を目指しやすくなったのです。
施設によっては資格の有無を問わない求人も多くありますが、きちんとした知識や技術を身につけずに現場に入ることはとても危険です。
間違ったやり方での介護は時に利用者の命に関わることもあります。しっかりと基礎を学んでから働くことでより早く現場で活躍することが出来ます。
また、訪問ヘルパーなどは無資格では出来ない仕事となり、最低でも初任者研修の資格が必須となります。

 

実務者研修の講座は未経験者には難しい

実務者研修の講座はある程度介護の知識があることを前提に授業が進むため未経験者にはとても難しい内容となっています。
わからないまま授業が進み、気付いたらスクールが終わっていた…なんてことも。
初任者研修の資格を持っていれば実務者研修の講座を受講する際に必須科目が免除され、受講の際の負担が減ります。