介護福祉士実務者研修とは?

高齢化社会の中、介護職は以前よりもさらに専門性が高い職種として注目されています。一人ひとりが、より良い介護サービスを提供できるように、介護福祉士の国家試験を受けるにあたって今まで以上に専門的な知識と技術を学ぶことが必要になりました。そのため介護福祉士の受験資格を得るには”介護福祉士実務者研修”のカリキュラムを修了することと、3年以上の実務経験が必要となりまので介護福祉士を目指される方は実務者研修の資格を取得することをお勧めします。

国家資格である介護福祉士の資格の取得には実務者経験3年と実務者研修の収量が必須です。

授業についていけるか不安…。

実務者研修を受講される方は、長く施設で働いた経験者もいれば、初任者研修を取ったばかりの人や施設でまだ働き始めたばかりの人など、様々なレベルの方が受講されます。介護のキャンパスのカリキュラムは、一人ひとりの知識や経験を見ながら授業を進めるため、無理なく安心して通うことが出来ます。

実務者研修を取ると

介護職の役職のひとつで、サービス提供責任者になれます。介護福祉士【国家試験】の受験が可能になります。

スクーリングについて