介護職員初任者研修とは?

これまでは、ホームヘルパー(1~3級)や介護職員基礎研修など、様々な介護に関する資格がありましたが国家資格である介護福祉士を目指すためには、条件や種類がありすぎてわかりにくい状態でした。そのためホームヘルパーなどの資格は2012年度をもって廃止となり、2013年から介護職員初任者研修という厚生労働省が認める資格が新しく出来たことでキャリアアップの道が一本化され、より介護福祉士を目指しやすくなったのです。

施設によっては資格の有無を問わない求人も多くありますが、きちんとした知識や技術を身につけずに現場に入ることはとても危険です。
間違ったやり方での介護は時に利用者の命に関わることもあります。しっかりと基礎を学んでから働くことでより早く現場で活躍することが出来ます。
また、訪問ヘルパーなどは無資格では出来ない仕事となり、最低でも初任者研修の資格が必須となります。

なぜ初任者研修の資格が必要?

施設によっては資格の有無を問わない求人も多くありますが、正しい知識や技術を身に着けずに現場に入ることはとても危険です。間違った方法での介護は時に利用者の命に関わることもあります。しっかりと基礎を学んでから働くことで、より早く現場で活躍することが出来ます。また、訪問ヘルパーなどは無資格では出来ない仕事となり、最低でも初任者研修の資格が必須となります。

実務者研修の講座は未経験者には難しい

実務者研修の講座はある程度介護の知識があることを前提に授業が進むため未経験者にはとても難しい内容となっています。わからないまま授業が進み、気付いたらスクールが終わっていた…なんてことも。初任者研修の資格を持っていれば実務者研修の講座を受講する際に必須科目が免除され、受講の際の負担が減ります。

今後ますます社会に求められる介護職

他国では例を見ない高齢化社会を迎えた日本では、介護職の人材不足は社会問題となっています。

介護職人口の急激な増加

介護保険制度の施行後(2000年)、介護職員数は増加し、12年間で約3倍になりました。また、2025年には、237~249万人の介護職員が必要と推計されています。


※厚生労働省 2016年
【介護人材確保について】より

超高齢化社会で介護業界が拡大

超高齢化社会により、介護職のニーズは、ますます高まっており、厚生労働省発表によると、2000年度には、3.6兆円だった【介護保険の総費用】は、2011年には、9.4兆円で約2.6倍に、2025年度には、21兆円程度まで増加と予測されています。


※厚生労働省 2013年
【介護給付と保険料の推移】より

高い求人倍率

2016年の10月の有効求人倍率は、介護職の求人倍率は全職種に比べ3倍近い求人数になっています。今後よりニーズが高まる介護職は、介護や福祉の現場で活躍が期待できます。


※厚生労働省
【 2016年10月の有効求人倍率】より